特許・実用新案・意匠(中国大陸)[28問]
E-mail:mail@cpahkltd.com
7. 質問: 7.優先権主張の要件、手続きについて教えて下さい?
  答え:

1.パリ条約に基づく優先権主張出願が可能です(法29条)

 
発明又は実用新案:外国基礎出願の出願日より起算して12ヶ月以内。
意匠:外国基礎出願の出願日より起算して6ヶ月以内。

 2.国内優先権主張出願が可能です(法29条)

発明又は実用新案:国内基礎出願の出願日より起算して12ヶ月以内。

 3.優先権主張手続き(法30条)

優先権主張は、出願時に書面を持って表明しなければなりません。
出願日から、3ヶ月以内に優先権証明書を提出しなければなりません。
 
書面による主張、又は期限内の優先権証明書の提出がなければ、優先権主張はなかったものとみなされます。
         

 

前の問 次の問 閉じる