争議と取消[問33-35]
E-mail:mail@cpahkltd.com
34. 質問: 34.登録済の商標について、どんなものは取消対象とされますか?
  答え:

以下に該当した場合、登録商標の取消を請求することができます。

(1)登録商標が中国国内において継続して3年間使用されていないときには、何人も、商標局にその商標の取消審判を請求することができます。
(2)登録商標には、商標法に使用してはならない文字、図形が含まれる場合、或いは詐欺若しくは他の不正な手段で登録を得ていたとき、商標局はその登録商標を取消ことができます。また何人も、当該登録商標の取消審判を請求することができます。
(3)登録商標は、同一又は類似の商品について中国で登録されていない他の者の著名商標を複製、模倣又は翻訳したもので、混同を引き起こし易い場合;登録商標は、非同一又は非類似の商品について、中国で登録された他の者の著名商標を複製、模倣又は翻訳したもので、公衆に誤認させ、当該著名商標登録人の利益に損害を与えることになる場合;授権されていない代理人又は代表者が自分の名義で被代理人又は被代表者の商標を登録した場合、商標がそれを使用する商品の地理的表示を含むが、その商品が表示された地域の原産ではなく、公衆に誤認させる場合;他人の既存権利を損害した場合;登録商標の所有者は、不当な手段で他人が使用し、かつ一定の影響を有する商標を先駆登録した場合;
 上記の何れか1つに該当した場合、その商標登録日より起算して5年以内に、商標権利者又は利害関係者は、商標評審委員会(審判部)に当該登録商標の取消審判を請求することができます。悪意によって登録した場合、著名商標の所有者は、5年間の制限を受けません。
前の問 次の問 閉じる