特許・実用新案・意匠(中国大陸)[28問]
E-mail:mail@cpahkltd.com
25. 質問: 25.司法救済と行政救済について、教えてください?
  答え:

(1)専利権者又は利害関係人は、人民法院に訴えを提起することができ、また専利事務管理部門(知識産権局)に行政処分を求めることもできます

(2)専利事務管理部門は、権利侵害行為が成立すると認められた場合、権利侵害者に権利侵害行為を停止するよう命ずることができます。

(3)当事者は不服がある場合、行政処分通知を受け取った日から15日以内に、人民法院に訴えを提起することができます。

(4)権利侵害者が期限を過ぎても訴えを提起せず、権利侵害行為も停止しない場合は、専利事務管理部門は人民法院に強制執行を申請することができます。

(5)専利事務管理部門は、当事者の請求に基づき、専利権侵害の賠償金額について調停を行うことができ、調停が成立しなかった場合、当事者は、人民法院に訴えを提起することができます。

(6)新製品の製造方法の発明特許の特許権侵害の場合は、同様の製品を製造する者が当該製品の製造方法が特許の方法と違うことを証明しなければなりません。――立証責任の転換

前の問 次の問 閉じる