当所代表は、AIPPI中日韓三国のTrilateral Meeting参加

当所深センオフィス温大鵬副主任、北京オフィス電気電子部王岳部長は、5月7~8日に韓国釜山で開かれた第9回目のAIPPI中国部会、日本部会,韓国部会のTrilateral Meetingに参加した。

同Trilateral Meetingのため、AIPPI中国部会は、馬浩副会長及び楊梧副会長をはじめとする一行31人の代表団を派遣し、参加人数が過去最高を記録した。今年度のテーマは、「発明の進歩性に関する対比研究」と「知的財産権法律と実務の最新発展」の二部構成になっており、AIPPI中国部会の代表として当所温大鵬副主任と中国国家知的財産権局条法司董琤処長が発言した。

 

       

                      温大鵬副主任発言中

       

                  中国部会代表団の一部メンバー