中国の商標出願件数が急増
 

 8月1日、広西チワン族自治区で開かれている「2010中国商標年度会議」で、今年の7月まで、中国の商標出願件数は、770.2万件となり、登録件数は、495.6万件となり、有効な登録商標件数は、402.2万件となったことが分かりました。こうして商標出願件数、有効な登録商標件数は、何れも世界中でトップとなった。

 また、今年上半期、中国から商標部門を通じてマドリード協定議定書に出願された件数は、780件を超えたことが分かりました。こうしてこれまでの出願件数はあわせて10501件に達し、これは5年連続して発展途上国でトップとなりました。

 世界知的所有権機関のマドリード協定議定書は、企業が海外で商標登録する重要なルートである。これに登録すると、すべてのメンバー国でその商標が保護され、異なる国でいちいち登録する必要はない。ちなみに中国は1989年にマドリード協定議定書に加入した。

 中国国家商工行政管理総局の付双建副局長は「ここ数年、ますます多くの中国企業がマドリード協定議定書を通じて、海外への進出を実現した」と述べた。