当所所員朱紅利、鐘錦全は、北京国際マラソンで良い成績をあげた

 

 2010年10月24日午前8時、1年に1度の北京国際マラソン試合は、時間通りにスタートした。当所20名の所員は、今回のマラソン試合に参加した。そのうち、北京オフィス電子電気部の朱紅利、それぞれ香港本部の出願部と商標部からきた鐘錦全、黄志健は、フールコースに挑戦し、残りの17名所員は、ミニコースに挑戦してきた。

「北京秋天」 といわれる晴天に恵まれたこの日、25度を超える残暑の中を、約3万人の参加者 (主催者発表) が北京市内を駆け抜けました。フールコースの試合は、個人の意志力と信念への試練であり、鍛錬を積んで来た結果に対する確認でもある。当所朱紅利と鐘錦全は、フールコースを完走し、良い成績をあげた。フールコースを完走した597名女性選手のうち、朱紅利は第149位で、3時間52分46秒の好成績をあげ、前回の北京国際マラソン試合より、35分間短縮され、順位も212位繰り上げた。フールコースを完走した3997名男性選手のうち、鐘錦全は、第1543位で、3時間54分05秒の好成績をあげた。

朱紅利さんと鐘錦全さんは、しっかりとした信念と諦めない努力を通して、マラソンに挑戦し、実現できないような使命を果たし、輝かしい成績を収めた。これは、「我々がそのためにベストを尽くして努力しさえすれば、どんなことでも、完璧に完成することができる」ということを教えいるだろう。

2010年北京国際マラソン試合で撮影した写真 

 

より多くの写真をご覧になりたい場合、下記をクリックしてください。

http://www.runff.com/html/photo/runner.html?k=17020&cid=44#1