税関総署は2010年中国税関知的財産保護案件トップ10を公表

 

2011年4月25日に、中国税関総署は2010年中国税関知的財産保護案件トップ10を公表した。

上記トップ10に入った案件は、税関が知的財産に対する自主保護の強化、国際的な知的財産侵害防止、世界博覧会標識の保護、輸入出段階の侵害取締強化、またその他の部署との連携などで得られた成果を表し、模範的な意味が含まれている。
 
 
  2010年中国税関知的財産保護案件トップ10
  一、上海税関が“tiger”商標模倣品を取締
  二、杭州税関が “NIKE”、“ADIDAS”商標模倣品を取締
  三、寧波税関がLVカバン模倣品を取締
  四、厦門税関が貨物運輸ルートでタバコ侵害品を取締
  五、青島税関が“NIKE”商標侵害品を取締
  六、広州税関が “GUCCI”等商標侵害品を取締
  七、深セン税関 が“PLAYSTATION”商標侵害品を取締
  八、拱北税関が輸入段階で2010年上海世界博覧会標識侵害品を取締
  九、黄埔税関が “NIVEA”、“MONTBLANC”商標模倣品を取締
  十、北京税関が輸入段階で自動車部品侵害品を取締