中国新聞出版総署は「十二五」期間の著作権立法計画を公表

 

この度、新聞出版総署は《著作権関係「十二五」計画》を公表した。(「十二五」とは2011年から2015年までの期間を指している)その計画によれば、著作権立法は《著作権法》と《著作権実施条例》の改正、そして《民間文学芸術作品著作権保護条例》の制定、《作品自主登録試行方法》の改正、《著作権契約登記届け方法》の制定、《教科書法定許可報酬方法》の起案、及び《著作権行政法執行指導意見》の制定を含めているとのこと。