弊所代表団が第25回欧州商標所有権者協会年会に出席

 
 
2011年9月13日-16日、弊所の羅宏副所長、北京ブランチ商標部の梁慧部長一行がイタリアBevenoで行われた第25回欧州商標所有権者協会年会(MARQUES 25th Annual Conference)に参加した。
 
今回の年会は、中国を含めて、世界中67ケ国及び地域の700余名の代表を集めて開催され、MARQUESの規模最大な年会となった。
 
今年のテーマは「現実直視(Reality Check)」である。会議では、GUCCI、IKEA、PRADA、CADBURYなど有名なブランドからの代表はソーシャルネットワークサービスでの宣伝や商標保護に関する経験談を語り、各国学者、知財関係の弁護士と管理者もそれぞれの立場で現実直視下の商標戦略について討論した。
 
弊所代表は各国業者と幅広く意見交換・コミュニケーションができ、会議前にも当地のクライアントと特許事務所を訪問した。