弊所所長一行は第83回医薬品商標検討グループ会議に参加

2011年10月11日―14日、弊所の李勇所長と商標部の李悦副経理一行はチェコで行われた第83回医薬品商標検討グループ会議に参加した。

今回の会議では、「Pharmaceutical Trade Marks in a Shrinking World」をテーマとし、世界311所の企業と知財事務所から400余りが参加した。メキシコ、中東、インド、ドイツ、ブラジル、ロシア、アメリカなどの国と地域からの知財関係者は、中東地域、チェコとメキシコにおける商標の最新発展、模倣品、BRICs(ブリックス:ブラジル、ロシア、インド、中国)における医薬品産業と商標に関する法律の執行、商標とその歴史と効用、gTLDの新設などをめぐって講演を行った。

李勇所長一行は各国代表者と特許・商標保護について幅広く意見交換ができ、中国における特許・商標に関する法律と実務についtも紹介した。