2011年特許審査と特許代理ハイレベル・フォーラムが北京で開催

2011年11月16-17日、中華全国専利代理人協会主催の2011年特許審査と特許代理ハイレベル・フォーラムは北京で行われた。フォーラムのテーマは「《専利法》第22条―進歩性の理論と実務」である。

今回のフォーラムには、国家知的財産権局からの審査官、裁判官、主要な特許代理機構からの弁理士と企業代表などを含めて約300名が参加した。国家知的財産権局の賀化副局長も出席し、開会の挨拶をした。

突っ込んだ討論をするため、中華全国専利代理人協会は上記テーマにめぐって論文募集活動を開始し、国家知的財産権局から62編、特許事務所から44編、合計106編の論文のうち、12編を優秀論文として選出した。当日、国家知的財産権局と中華全国専利代理人協会から優秀論文賞を受賞した者に、論文賞証書手渡しの受賞式も行った。