海峡両岸の知財フォーラム開催:知財協力関係を深める

海峡両岸三地の知財投資・融資実務と学術交流を推進するため、2012年9月8日―9日、第十六回中国国際投資貿易面談会―両岸(厦門)知財投資融資フォーラム及び特許技術交流会は厦門国際会議展覧センターで開催された。国家知的財産権局、厦門知的財産局からの役員、両岸三地からの専門家、学者等は今回のフォーラムに参加し、両岸知財協力の推進を目的として、典型的な事例を合わせて、技術移転、知財投資融資の難点等について講演を行い、経済発展に知財革新の助力、企業競争力向上に知財資本化の重要性などを研究した。

また、交流会の第二段階の会議「LES両岸三地会議」は2012年9月9日に厦門大学に行われた。弊所法律部の李江弁護士は代表として、実務経験を合わせて参会者と共に各国特許技術において面する挑戦について討論した。