中国特許保護協会第三回メンバー代表大会及び2012年次大会が開催

中国特許保護協会第三回メンバー代表大会及び2012年次大会は2012年10月24日に北京で開催された。国家知的財産権局、各地企業メンバー及び知財機構などから百以上の代表が参加した。

開幕式で、国家知的財産権局の賀化副局長は、中国特許制度、中国企業の知財現状及び中国特許保護協会の機能についてスピーチした。大会では中国特許保護協会第二回理事会の報告が審議され、協会規程第七条の改正案も通過させた。第三回理事会も満票で選ばれ、第三回理事会の王景川会長は発言した。

2012年次大会では、北京実務知的財産権発展センターの程永順主任、中国政法大学馮暁青教授は「特許行政及び司法保護の理論と実践」、「企業が当面している国際知財規則の調整と変革」についてそれぞれ講演を行った。参会者はその内容について活発に討論した。

弊所総経理補佐の王景朝は代表として出席した