「不正競争案件審判難問題セミナー」は北京で開催

2012年10月31日、北京市第一中級人民法院の主催で「不正競争案件審判難問題セミナー」は中国知的財産権トレーニングセンターで行われた。最高人民法院及び北京市法院からの裁判官代表、知財専門家、外商投資優質ブランド保護委員会からの代表等百余名は出席した。《中国特許と商標》雑誌社も招へいを受けて専門刊行物の代表として参加した。

会議では、《不正競争防止法》にめぐって、北京市第一中級人民法院の「不正競争案件審判難問題研究グループ」のメンバーは不正競争防止法の理論基礎、不正競争防止法原則条項の適用、商標標識の保護、商業秘密の保護、不正宣伝行為への規制、民事救済、不正競争防止法と独占防止法との関係という七つのテーマで講演を行った。

《不正競争防止法》は、1993年以来20年間近く施行され、世界経済の一体化及び中国の社会主義市場の経済発展に伴い、施行当初の制約性は次第に現れてきたので、体系的な訂正及び増補が必要になる。今回のセミナーは司法審判における不正競争防止に関する難問題を中心に、理論を実践と合わせて、《不正競争防止法》の基本的な理論問題や難点について深く活発に討論した。


课题组