2013年中国特許情報年会(PIAC)は北京で開催

2013年9月12日ー13日、国家知的財産権局及び知的財産権出版社の共催で、第四回中国特許情報年会(PIAC)は、北京国家会議センターで行われた。世界中の知財組織、欧米日韓等からの特許庁、知財情報サービス、代理機構、国内外の有名企業、科学研究機関の知財部門などから約1500名の代表は年会に参加した。


田力普局長の挨拶

今回の年会では、「特許情報促進革新駆動発展戦略」というテーマにめぐり、企業の革新発展と特許情報運用実践、特許訴訟代表事例の分析、特許評価及び貨幣化、外国特許制度の革新と情報サービス、中日企業知的財産権交流会という五つのフォーラムに分け、特許庁、有名企業知財部門の管理者、特許情報サービス機関などから50余名の代表がスピーチを行った。


USPTOの元局長のDavid Kappoはアメリカ特許制度の革新について講演中


SIPO保護協調司司長の黄慶は、国家知的財産権戦略の実施した五年間を振り返えと展望し

スピーチ、研究会、トレーニング以外にも、「国際特許情報製品及びサービス展覧会」も開催され、知的財産権出版社、世界知的財産権組織、知的財産権管理など50以上の機関による様々な特許情報製品とサービスが展示された。