弊所代表、LESアジア太平洋委員会第四回大会に参加

2013年10月15日~17日、国際ライセンス協会(LICENSING EXECUTIVES SOCIETY、以下「LES」をいう)アジア太平洋委員会第四回大会は中国杭州で開催された。アジア太平洋からのメンバー及びヨーロッパ、アメリカ州からの学者、専門家などは合計150余名が出席し、弊所からは李勇総経理をはじめ、邰紅副総経理、北京オフィスの孔志強総経理補佐・主任、呉玉和副主任など、弊所代表団の一行も参加した。


(左から)LES中国の于平会長、LESアジア太平洋委員会のAudrey Yap会長及びLES国際の前任会長のKevin Nachtrabは挨拶中

今回の大会は、「アジアの知的財産権の発展動向、直面する挑戦と対応策」をテーマとし、中国知的財産権の特定のテーマに関する講座、アジア国の知財法律の比較、ヨーロッパの単一特許の最新発展、米国特許訴訟に直面する挑戦と対応策、新興経済体の知財戦略の研究、自動車産業の知財管理、知財価値評価とライセンス等というテーマにめぐり、様々なコーナが行われた。世界知的財産権組織、知的財産権司法及び行政管理機関、企業知財部門、事務所および大学からの関係者も上記内容について講演を行い、参会者と深く討論した。


最高人民法院民四庭の羅東川庭長は「中国知財司法保護状況」を紹介中

大会では、第二回アジア太平洋学生創業企画コンテストも開催された。中国、香港、韓国、日本とシンガポールからの学生チームは、革新的、大胆、また適切で実行に移し得る創業案を紹介した結果、香港チームは一位、中国チームは二位を取った。


弊所の李勇総経理はLES中国の副会長として授賞中