中国でニース協定に基づく国際分類表第10-2014版の使用開始

12月17日、国家工商行政管理総局商標局は、オフィシャルウェブサイトで、「商標登録用商品及び役務国際分類」第10-2013版への改正内容を発表した、今回の改正は、ニース加盟国の専門家委員会による第二十三回会議で通過されたものである。WIPOの規定により、ニース加盟国は2014年1月1日から第10-2014版(NCL(10-2014)と略称)を正式に実施することになる。

改正対象は、商品と役務、類別のタイトル・注釈、及び英語・フランス語のスペリングという三種類の問題に分けた。

関連資料:「商標登録用商品及び役務国際分類」第10-2013版への改正