国家知的財産権局の新局長、申長雨が就任

国家知的財産権局のウェブサイトにより、この度行われた国家知的財産権局の幹部大会で、当局の局長の任免決定について発表された。申長雨氏が国家知的財産権局の党グループ書記、局長として任命され、田力普氏が同職から免職された。

申長雨は1960年6月に河南南陽で生まれ、1990年に大連理工大学の博士学位を獲得し、2009年に中国科学院のメンバーに当選し、2003年から2013年まで鄭州大学と大連理工大学の校長を務めてきた。