五庁間審査ハイウェイ(IP5-PPH)試行プログラム、2014年1月6日から開始

中国国家知的財産権局、米国特許商標局、欧州特許庁、日本特許庁と韓国特許庁は、2013年9月にスイスで五庁間特許審査ハイウェイ(IP5-PPH)試行プログラムの全面始動について合意した。IP5-PPHの試行期間は2014年1月6日から2017年1月5日までの三年間である。

このたび、国家知的財産権局はウェブサイトでIP5-PPH試行プログラムのガイドラインを発表した。当該ガイドラインにより、出願人は「五庁間特許審査ハイウェイ(IP5-PPH)試行プログラムで中国国家知的財産権局(SIPO)へPPHの申請手続き」に基づいてSIPOへ、または他四庁のそれぞれの規定やガイドラインに基づいPPHを申請することもできる。

IP5-PPH試行プログラムに伴い、弊所としても所内準備が整い、試行初日からクライアント様にIP5-PPHの利用サービスを提供させて頂く予定である。

参考資料:中国国家知的財産権局のウェブサイトで発表されたIP5-PPH試行プログラムのガイドライン