USPTOによる特許語彙試行項目について

2014年3月27日、USPTOは、特許審査の効率の向上を図るため、特許語彙試行項目の計画を発表した。現在のところ、この項目の適用は、コンピューター関係の特許出願のみに限り、試行期間は2014年6月から12月までになる。この期間では、コンピューター関係の特許出願を提出し、かつ審査加速の請求を提出した場合、クレームの語彙表を提出する必要があります。語彙表には、クレームの主要語彙(全てではなく、例えば特殊意味のある技術用語、略語、機能限定用語など)を反面から或いは開放的な定義ができず、正面から定義しなければなりません。