弊所代表は北欧2014年知的財産権年次大会に参加

2014年3月25-27日、弊所の曽祥夌所長、ミュンヘン代表処の鄧明代表、北京オフィス法律部の熊延峰副部長を含めた代表団は、招へいを受け、スウェーデンで行われた北欧2014年知的財産権年次大会に参加した。 欧州、米州、アジアなど多くの国と地域での企業、事務所から二百余名の代表は年次大会に出席した。

大会では、弊所の熊延峰副部長は、中国特許の最新発展をテーマとして、特許法改正案、特許侵害、無効、行政訴訟などの最新事例と動向について講演を行った。参会者は講演を通じて中国特許実務の最新ニュースを把握できていい反響だった。

弊所代表団も、参会者と中外知財について幅広い交流・討論ができた。その後、フェイスtoフェイスのコミュニケーションを通じてクライアントの需要を深く理解した上で提携関係を強化するため、スウェーデン、デンマークとドイツにあるクライアントを訪問した。