最高人民法院による特許侵害司法解釈(二)について意見募集開始

特許法を正確に実施し、特許審判基準を明確・統一にするため、2009年に公布された《最高人民高院の特許侵害紛争事件の法律若干問題の応用に関する解釈》に引き続き、最高人民法院は司法実務での問題を踏まえ、深く研究し意見を募集した上で、《最高人民法院の特許侵害紛争事件の法律若干問題に関する解釈(二)》(意見募集稿)を起草した。この草案について、意見募集が開始した。

募集期間:8月1日~9月1日
郵送宛先:北京市东城区东交民巷27号,最高人民法院知识产权审判庭第一合议庭,郵便コード100745
メール宛先:zhuanliyijian@163.com