弊所代表はAIPPI中国分会青年知的財産権セミナーに参加

8月1日―2日、2014年国際保護知的財産権協会(AIPPI)中国分会青年知的財産権セミナーは北京で開催され、中華全国特許弁理士協会(ACPAA)の会長とAIPPI中国分会の副会長である楊悟、ACPAAの副会長とAIPPI中国分会の副会長である馬浩は出席してスピーチを行った。弊所からは、王景朝総経理補佐、深センオフィスの原紹輝主任、北京オフィス商標部の李江部長等は代表とし、弊所を含めて中国特許事務所から約百人の代表も参会した。

今回の会議では、全国各地からの特許弁理士、弁護士は特許及び他の知財の保護・実務に関する講演・討論が活発に行われた。弊所代表も二日目の会議を一部仕切って、特許・商標の許諾実施、商標保護などについて講演を行い、参会者と幅広くて深い意見交流ができた。

この会議は、AIPPI中国分会が初めて英語をオフィシャル言語として行われた青年セミナーであり、国際化の交流レベルを持っている知財青年人材を見つけて教育した上で将来に中国を代表して国際知財交流活動に参加させるのを目的としているイベントである。