上半期の中国PCT出願受理件数に関する統計データ(2010-4-26)

今年の上半期、中国特許庁によるPCT出願受理件数は11243件で、前年比20.5%増。そのうち、国内からの出願は10283件で、91.5%占め、前年比23%増。PCT出願件数が100件を超えたのは10省(区、市)あり、そのうち、広東省は5937件でトップになり、次は北京、江蘇、上海、浙江である。この5省市からの出願件数は全国総量の八割以上を占めている。

PCT出願人について、華為技術有限公司、中興通訊股份有限公司及び京東方科技集団有限公司はトップ3になり、トップ10のうち騰訊科技(深セン)有限公司、小米科技有限責任公司などネット技術関係の企業も現れた。

中国へPCT出願を提出した国は20カ国で、アメリカは482件でトップになり、次は94件の日本である。日米の出願件数は外国出願総量の六割を占めている。