中国人は韓国での商標出願件数が連年増加

韓国特許庁の統計データにより、この5年間、中国人(台湾、香港を含む)が韓国での商標出願件数が連年増加し、そのうち服装に関する商標出願件数は2009年から2013年の399件に上がった。また、五年間の中国人による電子・通信の商標出願は1982件、服装・靴類の商標出願は1487件、化粧品の商標は511件である。

分析資料により、中国人は韓国を潜在的ないい商品市場と見なし、安い労働力を用いて韓国の中級、低級の商品市場に入ろうとしているそうである。また、中国政府が実施した知財強化戦略も一定的な影響を与えた。