弊所代表は中日知的財産権セミナーに参加

2014年11月24日~25日、中日知的財産権セミナーは北京で開催され、弊所総経理補佐の王景朝一行が参加した。

中日知的財産権セミナーは1992年から年一度に開催され、中日両国の特許従業者の深い交流及び協力を促進することを目的とし、今回は21回目になる。セミナーは中華全国専利代理人協会及び日本国際貿易促進会中国特許協力会の共催で行われ、全国各地の中国特許従業者及び日本代表団などを含めて百余名の関係者が参加した。

参会者は中日の知財動向、両国の知財訴訟の最新発展、ブランドの確立と企業ブランドの育成方法、及び企業知財保護戦略と知財を用いて企業競争力の強化方法などについて活発な討論を行い、弊所代表も参会者と幅広く意見交換ができた。