今年426のテーマがGet up, stand up. For musicであるとWIPO発表(2015-03-11)

                    由来:WIPOのウェブサイト
 

 先日、世界知的財産権組織(WIPO)はウェブサイトで2015年世界知的財産権日のテーマがGet up, stand up. For musicであると発表した。 

 WIPOのウェブサイトの紹介によれば、音楽が国界を超え、オリジナルリズムで人々を結びつけ、人々の心の中で響いている。今日、我々が鑑賞している音楽は、歌手、作曲家、音楽家、出版社、プロデューサ、編曲者、エンジニアを初めとする世界中の人達がインスプレーションと汗水によって作られたものである。彼らは我々の日常生活に豊かな音楽流派と音楽スタイルをもたらしてきた。ビジネスモードのサポートによって、音楽と接する技術手段も日進月歩で発展する。将来、我々は音楽との関係がどうなるか?音楽は如何にして創作と伝播されるか?我々は如何にして音楽を鑑賞するか?音楽関係者は如何にして自分の作品によって生きるか?現在音楽産業の変化に注目し、音楽の将来に関する音楽人の見解に耳を傾けてみないか。