知的財産権濫用に関する独占禁止ガイドラインについての意見募集(2016-01-04)

由来:中国知的財産権報

      2016年1月1日より、「国務院による知的財産権濫用に関する独占禁止ガイドライン」についての意見募集が行い、且つ今年の上半期に国務院独占禁止委員会へ提出される予定である。

      関係者によると、経営者が正当に知財を運用できるよう、ガイドラインの作成作業は知的財産権濫用に関する独占禁止の方向的な規則性の作成から着手し、独占禁止の法的執行の透明性を向上させ、市場へ明確な合理的な予測を提供できる。競争を排除・規制する可能性がある知的財産権協議について、ガイドラインは、競争関係がある経営者による協議と競争関係がない経営者による協議とを区分し夫々議論した。知的財産権濫用に関する市場の支配的な地位について、ガイドラインには、知的財産権権者が関連した市場で支配的な地位を有するかどうか、支配的な地位を濫用したかどうかを判断する時の考慮すべき要素が明確化された。