CPA、四つ星(最高レベル)特許代理機構に選出された

  2016年3月26日に中国知的財産権報により主催した「2015年度中国特許代理業界の総合的な実力評価についての発表会」が北京で行われた。中国専利代理(香港)有限公司(CPA)が優れたサービスと先端の管理体制により中国「2015年度の四つ星特許代理機構」(現在の最高レベル)という称号を受けた。CPA副社長の邰紅が会社の代表として賞状を受領した。

   2015年の評価活動は、特許代理機構の評価と特許代理人の評価に分けられた。昨年の評価活動に、4つ星特許代理機構と4つ星特許代理人という評価を新設した。発表会で、国家知的財産権局と中華全国特許代理人協会のリーターが受賞者に表彰メダルを授与した。今年、9社の特許代理機構と12名の特許代理人が4つ星特許代理機構と4つ星特許代理人に選出された。同時に、41社、50社、67社の事務所が夫々2015年度の三ツ星、二星、一星の特許事務所機構の称号を受け、93人、119人、169人が夫々2015年度の三ツ星、二星、一星特許代理人の称号を受けた。

 新しい情勢の中、特許代理業界の質を向上させ、特許代理業界を健康的且つ秩序正しく発展させるよう、中国知的財産権新聞社は独立第三者として、4年連続で「中国特許代理業界の総合的な実力についての評価」活動を行った。2015年度の評価審査は8ヶ月に亘って、前期の客観的なデータ、社会アンケート調査と専門家意見という三つの段階を経て、最終の選出結果を得たわけである。