中国版権師の育成企画が北京で稼動

由来:中国新聞網

    版権産業の専門人材とリーダーを育てるために、中国版権師の育成企画が北京で稼動し、版権に対する社会の様々なニーズに応えようとしている。

 4月26日の「世界知的財産権の日」を祝うために、北京市版権局、中央党校中国幹部学習網などの連携により、「デジタルアイディア・文化再構成」という北京知財広報周兼版権師の育成企画が北京で稼動された。現在、映画、音楽、書籍、アニメ、ゲームなど文化作品がデジタル時代に変えられつつ、デジタル技術が創造、発行、鑑賞上、従来の単一の版権文化形式を変え、平面から立体へ、単一の感官から複数の体験へ、文化分野を跨る版権環境を醸し出していると関係者は稼動式で紹介した。

 広報活動を通じて版権の影響力とカバー領域を更に拡大するとともに、デジタル時代が如何にして版権価値を上げ、版権の伝播と運営モードを革新し、デジタル版権の保護を強化するかという最新課題を探ることが期待されていると責任者は述べた。

 当該企画が、中央党校中国幹部学習網、中国創意産業連盟、首都版権産業連盟の共同連携で行われており、首都ないし全国の版権産業のために専門人材とリーターを育成することを目的とすると責任者は紹介した。

 紹介により、育成企画は各レベルの役所関係部門の責任者、関連会社の高層およ文化産業のエリートを対象とし、授業課程が版権の知識、政策、商業モード、運営の管理、版権貿易及び関連の最前線課題など関する。また、ソースのマッチング、プロジェクトの紹介、シンクタンクの専門家によるサービスなどを含む後続の価値増加サービスもあり、版権に対する社会の様々なニーズに応えて、デジタルによる文化版権の創造、運用と保護を推進できる。