CPA社長曽祥夌一行、IP SUMMIT 2016ブリュッセル大会へ参加

  2016年12月1日から2日にかけて、IP SUMMIT 2016はベルギーのブリュッセルの世界税関組織(World Customs Organization、WCO)で行われた。CPA社長である曽祥夌、ミュンヘン駐在所首席代表である鄧明、出願部部長である馬永利、法律&訴訟部の李慧恵は、今回の大会へ参加した。

  世界各国からの300名余りの参加者は特許、商標、版権などについて熱烈な議論を交わした。具体的なトピックスは、「量産からカスタマイズへ(3Dプリント)」、「internet事項:巨大な発展のポテンシャルと安全とプライバシーの考慮」、「欧州連盟の版権改革:最新進展と音楽産業」、「欧州から中国までの冒認の脅威」などを含んだ。CPA法律&訴訟部李慧恵は中国代表として「欧州から中国までの冒認の脅威」について発言し、中国でのOEMについての司法実務と、Alibabaで最新運行したIP保護システムとを紹介し、冒認の取り締まりにおける消費者の役目を検討した。CPAの参加者達は世界各国の代表と意見を交換した。

(慧惠, www.cpahkltd.com)