欧州特許庁審査官一行、CPA香港本部へ来訪(2016-11-01)

 

    2016年11月1日に欧州特許庁(EPO)Ingo Seelmann博士などのシニア審査官5名は、CPA香港本部へ来訪し講座を行った。CPA出願部部長である馬永利、化学&生物部副部長である邹雪梅、李炳愛及び一部の弁理士と特許エンジニアたちは講座に参加した。CPA北京ブランチ、上海ブランチ、深圳ブランチの化学&生物部の弁理士たちはテレビ会議で講座を清聴した。

   出願部部長である馬永利は社長曽祥夌を代表し遠路から来た審査官たちへ歓迎の意を表し、且つ弊所の業務を簡単に紹介した。その後、EPO審査官は化学、生物、医薬分野の審査について幾つかのホットトピックスを解説した。質疑応答の部分では、CPA弁理士はEPO審査官と十分に意見交換し、講座で言及された幾つかのホットトピックス、例えばECfSプログラム(検索からの早期確認)、PCTの直接権利化、結晶多形物の特許性の主な標準、薬物発明に関する権利化可能な主題などについて問い合わせた。EPO審査官は逐一に詳しく回答した。

      今回の講座を通じ、CPA弁理士とEPO審査官との間のコミュニケーションを深め、業務パターン、作業流れに対する相互理解を更に深め、双方の業務の改善につながる。

(雪梅,www.cpahkltd.com)