河南省、初の知財巡回法廷が成立(2017-05-27)

 
由来:新華網
 
  新華社鄭州の5月24日付のニュースにより(記者李麗静)、河南省初の知財巡回法廷は、23日に鄭州国家知識産権創意産業実験園で成立し、「大衆創業、万衆革新」により良く尽くすことを目的とする。
 
  鄭州国家知識産権創意産業実験園は2011年国家知的財産権局の許可で建設した全国唯一の創業産業園であり、鄭州市の金水区に位置する。2013年の開園以来、145社の企業、1.2万人の従業員が駐在しており、そのうち、80%は研究と開発の技術者であり、革新設計者は200人近い。昔、知財意識が薄く、訴訟能力が低いので、知財係争になった場合、実験園企業は悪い立場に立たされてしまった。
 
  鄭州中級人民法院は「三合一」(民事、刑事、行政を一つに)知財審判の試験中級人民法院の一つであり(全国合計59個)、2012年「知財総合審判庭」を成立して以来、知財案件9600件を処理し、大量の経験を積み上げた。