第8回中国専利年会、北京で開幕(2017-09-07)

  2017年9月5日に、第8回中国専利年会(元の中国専利情報年会)は北京国家国際センターで開幕した。会社、国際組織、裁判所、政府部門、代理サービス業界及び学術研究部門からの100年余りのエリート達は、如何にして実体経済のイノベーションを促進するか、如何にして企業のイノベーション精神を向上させるかについて深く意見交換した。

  

  今回の大会のテーマは、「専利、実体経済の発展を促進する」であり、専利業界の新しい発展と新しい変化に注目する。国家知的財産権局局長申長雨は午前中の総体会議で、開幕の祝辞を述べた。工業と情報化部部長羅文、国家知的財産権局副局長賀化、世界知識財産権組織アシスタント総幹事高木善幸など夫々基調演説を行った。

 現在の産業経済におけるホットトピックに対し、今回の年会は七つのサブフォーラムに力を入れており、数多くの専門家から智恵を借り、専利業界を分析と検討した。サブフォーラムは夫々「専利は実体経済のグレードアップを促進する」、「国際専利運営の最前線の情報」、「中国における知的財産権の保護」、「専利情報利用の発展と人口知能」、「ウィン・ウィンのシルク・ロード:「一帯一路」における知的財産権の合作を強化する」、「PIUG-CPACアジアサブフォーラム」、「専利価値の向上」について深く議論した。

    同時に、「「新世代」中国知識産権網CNIPR)オンライン発表会」など五つの発表会も年会で行われた。

   七回に亘って円満に行われた中国専利情報年会は今年「中国専利年会」にアップグレードした。近年来。年会の規模がだんだん大きくなり、参加者のプロフェッショナルレベルも高くなり、国内外への影響力も強くなった。関係者の話によると、今回の中国専利年会は8000名あまりの参加者、80社余りの国内外の知的財産権サービス機構を引きつけた。