CPA北京ブランチ、新しいビルに移転(2017-12-12)

        2017年12月14日に弊所北京ブランチが、北京市朝陽区北辰西路の港専ビルに移転した。

      中国国際貿易促進委員会会長姜増偉、副会長卢鹏起など港専ビルの序幕式に出席した。CPA会社曽祥夌は歓迎と感謝の意を表した。

      港専ビルは敷地面積が15,000余り平方メートルであり、「節約、実用、鷹揚」の原則に基づいて建てられたビルであり、弊所の企業理念、プロフェッショナルサービス、会社文化と業界特徴とマッチする。弊所北京ブランチは将来、より大きな発展空間があり、港専ビルでより優れたオフィス環境とより強いチームワークをもって国内外のクライアントへ優れたサービスを提供できる。