CPA上海ブランチ、アメリカ特許出願についての検討会(2018年4月4日)

 


       2018年4月2日の午後、アメリカScully, Scott, Murphy & Presser PC事務所のパートナーである朱小純博士が弊所上海ブランチを訪れ、アメリカ特許出願について検討会を行った。北京ブランチの物理部及び弊所の複数の国内外のクライアントも電話会議の形で検討会に参加した。

        朱小純博士はアメリカ出願におけるよく見かける手続きの課題について意見を交わした。中国人出願者の最も関心がある課題、例えばRestriction Requirement、IDS、拒絶後の処理方式、non-statutory double patentingについて、朱博士は詳しく説明してくれた。

        内容が充実であり、実りある検討会であると参加者が語った。

      

(www.cpahkltd.com)