中国の商標出願件数が連続15年間で世界一(2017-02-14)

由来:人民網-人民日報

記者は8日に国家工商行商管理総局から、2016年中国の商標出願件数が369.1万件であり、連続15年間で世界一である。国内の商標出願件数トップ5は夫々広東、北京、浙江、上海、江蘇であることが分かった。

なお、国内の有効な登録件数トップ5は順に広東、浙江、北京、江蘇、上海である。そのうち、広東省の有効な商標出願件数が200万件を超えた。

2016年、出願人の便宜を図るために、工商総局は15個の商標登録出願を受理する窓口を設けた;企業の融資難という課題を解決するために30個の地方の登録商標質権登録申請を受理する場所を設立した;初めての北京以外の商標審査協力センターである広州センターが運行した。商標登録の利便化に関する改革の効果が現れるようになった。