国家知的財産権局が、中国語PCT出願の受理を再開する予定(2019-2-2)

由来:中国知識産権報

  近日、国家知的財産権局は共同検索と審査(CS&E)パイロットの準備作業を完了し、2019年3月1日に中国語PCT出願の受理を再開することになった。

  関係者の話によると、2019年3月1日から6月30日まで、出願人は『PCT CS&Eパイロットプログラムの利用者ガイドライン(中国語PCT出願版)』に従って、中国語PCT出願で国家知的財産権局へパイロット参加の申込みを提出できる。出願人は中国語PCT出願を提出した時又は1ヶ月以内でこのPCT出願の英訳を提出する必要がある。

  中米欧日韓という知財5局のPCT CS&Eパイロットは2018年7月1日から開始した(期間が2年間)。パイロット開始した後、出願人は積極的に参加してきた。パイロットに入った件数が2018年11月に40件を突破した。パイロット効果を確保するために、国家知的財産権局は2018年11月7日に、中国語PCT出願のパイロット参加を開始する前に、CS&E請求の受理を暫く停止する通知を発表した。